ジョギングで膝を痛めた時におすすめのサプリメントは?

朝のジョギングや、夕方から夜にかけてのジョギングはとても気持ちがいいため、定期的に走っているという方も多いのではないでしょうか。
公園などの広めの場所で走るのも良いですし、住宅街の中を走るというのも良いですよね。

健康維持の目的だけではなく、ダイエットの軽い運動要素として、ジョギングを取り入れている方もおられるかと思います。

ジョギング(ランニング)をすることで、筋肉を鍛えつつ余分な脂肪を燃焼させることができることから、人気が高いですよね。

ところが、ある日突然膝に痛みを感じたり、なぜか思うように動かすことができなくなった経験があるという方も、少なくはないと思います。

そこでここでは、ジョギングをすることで膝が痛くなる原因や対策、おすすめのサプリメントについてまとめました。
膝は毎日使う身体の大切な部分なので、少しでも痛みを取り除き、健康を維持していきたいですよね。

 

ジョギングで膝の痛みが出る原因ってなに?

ジョギングで膝の痛みがでる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

  1. 膝を酷使しすぎたことによる腸脛靭帯炎
  2. 膝を酷使しすぎたことによる鷲足炎
  3. 膝の屈伸が多すぎることによるタナ障害
  4. 筋力不足であるため

 

1)膝を酷使しすぎたことによる腸脛靭帯炎

膝の外側に痛みを感じた場合、この腸脛靭帯炎である可能性があります。
この腸脛靭帯炎は、別名「ランナー膝」とも呼ばれており、膝痛とジョギングの関係が深いことが分かります。

膝を使いすぎてしまうことで、腸脛靭帯が膝の外側で擦れ合い、疼痛が生じるようになります。

ウォーミングアップをサボったり、慣れていない長距離を走ったり、合っていないシューズを履いていたりということも問題となります。

 

2)膝を酷使しすぎたことによる鷲足炎

膝の内側とその周辺、裏側に痛みを感じたり腫れがあるという場合には、膝を酷使しすぎたことによる鷲足炎である可能性があります。
鵞足炎も、ジョギングをやりすぎてしまったり、急に方向転換をしたり、足を大きく動かしたりし続けることで生じます。

鵞足と呼ばれている膝の内側の3つの腱に炎症が起きたり、骨同士が擦れ合うことでも、痛みを感じます。
重心が偏ってしまうような坂道を走ったり、合わないシューズを履いていたり、硬い地面を走ったりすることも問題となります。

 

3)膝の屈伸が多すぎることによるタナ障害

3つ目は、膝の屈伸が多すぎることによるタナ障害です。
膝の内側の上のほうに痛みを感じたり、膝になにか引っかかるような感じがする場合には、タナ障害である可能性があります。

膝の屈伸運動が多い場合に痛みを生じやすく、ジョギングのしすぎ(膝を酷使しすぎ)が問題となります。

膝の関節内部の空間に、滑膜ヒダという仕切りのような膜が存在しています。
膝のお皿と大腿骨の間のヒダが棚のように見えることから、「タナ」と呼ばれているのです。

タナが膝のお皿と大腿骨の間に挟まって擦れることで炎症を起こし、腫れや痛みに繋がります。

 

4)筋力不足であるため

実は、筋力不足の場合にも、ジョギングを行うことで膝を痛めてしまうことがあります。

走っている最中には、膝に大きな衝撃がかかりますが、それらを筋肉が吸収してくれています。
ところが、筋力不足によって衝撃が吸収しきれなかった場合には、膝への負担が増加してしまうのです。

そのようにして衝撃を受け続けていくうちに、膝に痛みが生じるようになります。

 

早めに手を打つ!サプリメントで膝サポート

ジョギングに限らずスポーツ全般に言えることですが、身体を動かす以上は、怪我や故障などは避けにくいものです。

「少し痛みを感じるけれど、別に大したことないだろう」「そのうち良くなるはず」などと放置しておくと、どんどん症状が悪化してしまうことがあります。

早めに改善する必要がありますが、「膝に痛みを感じていても病院に行くのもなんだか面倒だし、そこまでの痛みじゃない気がするし、薬はちょっとなあ・・・」ということもあるかと思います。

そんな時にオススメしたいのが、サプリメントです。

主に年齢による膝の痛みで悩む方に向けたサプリメントなのですが、膝をサポートしてくれる成分がたっぷり配合されているものは、ジョギングで膝痛を感じている方にもおすすめできます。

サプリメントなら手軽始められる上、副作用などもなく安心して飲み続けることができます。
この機会に、サプリメントを試してみるというのはいかがでしょうか?

 

要チェック!ジョギングによる膝痛にオススメのサプリはこの3つ!

ジョギングで膝が痛くなったように感じている方に、オススメのサプリメントがあります。
飲みやすく続けやすいサプリメントばかりなので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

また、以下のサプリは加齢による膝の痛みが気になる方にもおすすめできるサプリメントです。

  1. イタドリ

    イタドリの特徴とは

    ・天然野草オオイタドリ配合
    ・健康成分レスベラトロールを含有
    ・大地のミネラルを豊富に吸収しているオオイタドリ
    ・Ⅱ型コラーゲン、清酒酵母、グルコサミン、コンドロイチン、赤ショウガ配合
    ・初回購入で、30日間全額返金保証付き
    ・スムーズに運動を楽しみたいという方に
    ・元プロ野球選手中畑清さんも満足されているサプリ

    価格 通常価格2,400円 とくとく価格2,160円
    送料 全国一律500円
    内容量 1日3粒 全90粒(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★
     
    イタドリは、北海道に自生している天然の野草「オオイタドリ」を配合したサプリメントです。
    古くはアイヌ民族の方々から、厳しい環境で生活していくために重宝されていたという野草で、たくさんの栄養素を含んでいます。

    ポリフェノールをはじめ、Ⅱ型コラーゲン、グルコサミン、酵母、コンドロイチン、赤ショウガなどを配合した優れたサプリメントと言えます。
    初回限定で30日間の返金保証もありますので、安心して購入することができますよね。

    公式サイトはこちら

  2. 快気節

    快気節の特徴とは

    ・「ささえる、らくらく、快気節」
    ・ハーバード大学にて開発された軟骨成分「非変性Ⅱ型コラーゲン」
    ・スムーズな膝の動きと保護に必要なヒアルロン酸配合
    ・GMP認定工場にて製造なので安心
    ・5つの米国特許を取得している成分なので安心
    ・1日1カプセルなので続けやすい

    価格 通常価格5,616円 毎月定期お届けコース2,410円
    送料 無料
    内容量 30カプセル(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★
     
    快気節は、ハーバード大学医学部にて開発された新軟骨成分「非変性Ⅱ型コラーゲン」を配合しているサプリメントです。
    3ヶ月、4ヶ月と続けて飲まれている方からの喜びの声が多く、1日1カプセルでいいので続けやすいという特徴があります。

    軟骨同士が擦れあってしまうことを予防するためのヒアルロン酸も配合しており、膝のサポート効果が期待できます。

    公式サイトはこちら

  3. 大正グルコサミン パワープラス

    大正グルコサミン パワープラスの特徴とは

    ・純度99%以上の高品質なグルコサミン
    ・厳選されたコンドロイチンとⅡ型コラーゲンを配合
    ・筋肉成分アンセリンも配合
    ・運動系アミノ酸BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)配合
    ・グルコサミン+軟骨成分でスムーズなう動きをサポート
    ・大正製薬のサプリだから安心して飲むことができる

    価格 通常価格5,400円 定期お届けコース4,860円
    送料 無料
    内容量 6粒×30袋(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★
     
    大正グルコサミン パワープラスは、純度99%以上の高品質なグルコサミン、Ⅱ型コラーゲン、コンドロイチンなどが配合されたサプリメントです。
    軟骨成分とグルコサミン、筋肉成分などを配合しているうえ、大正製薬のサプリメントということで安心して飲み続けることができます。

    軟骨だけではなく筋肉もサポートしてくれる、優れたサプリメントだと言えます。

 

正しいフォームでジョギングすることも大切です

ジョギングは、特に必要となる道具もなく、気軽に始めることができる運動であるため、人気があります。

「とりあえず走って脂肪を燃焼させよう」というように、”とりあえず”で始める方に多いこととして、間違ったフォームで走っているということが挙げられます。

間違ったフォームで走り続けることによって、変に体重が移動して膝などの一部にだけ大きな負担をかけることになる場合があります。

正しいフォームで走ることで、膝への負担を軽減させることができます。

 

正しいフォームとは?

ジョギングの正しいフォームは、以下のようなものです。

  • 猫背にならずに背筋をピンと伸ばす
  • 顎を引いて肩の力を抜く
  • 肘を曲げる
  • 歩幅は無理なく自然にする
  • かかとから着地するようにする

 

ジョギングは、長時間に渡り自分の身体に負担を掛け続ける運動です。
間違った姿勢のまま走り続けることで、身体への負担が大きくなってしまうことは安易に想像できますよね。

同じく膝を使う場合でも、姿勢次第では負担を軽減させることができます。
サプリメントにサポートしてもらいつつ、ジョギングのフォームを見直し、無理のない範囲で運動するようにしてくださいね。